Date::Calcを使ったカレンダーの作り方

CGIテクニック集トップへ





概要

Date::Calcを使って以下のような一ヶ月カレンダーを作成します。

          May 2007
 Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
       1   2   3   4   5   6
   7   8   9  10  11  12  13
  14  15  16  17  18  19  20
  21  22  23  24  25  26  27
  28  29  30  31

必用な処理

  1. PerlのPackage、Date::Calcを読み込む
  2. Calendarを実行する

サンプルコード

 use Date::Calc qw(Calendar);
 
 print "Content-Type: text/plain\n\n";
 
 print Calendar(2007,5);

コードの解説

 use Date::Calc qw(Calendar);

PerlのPackage、Date::Calcを読み込む。Date::Calcのファンクションで使用するCalendarをExportする。

 print "Content-Type: text/plain\n\n";

ヘッダを出力する。Calendar関数はHTMLではなくPlainテキストで出力するのでここではContet-Typeをtext/plainとする。ここでtext/htmlとして、あとから<pre></pre>で出力を囲んでも同じになる。

 print Calendar(2007,5);

Calendarを実行して表示する。この例では2007年5月のカレンダーが表示される。

関連するCGIテクニック

海外サーバーでの日本時間の表し方
カレンダーの作り方
月の日数をチェックする方法