csv2html3

トップへ

CSVファイルをHTMLに変換表示します。
MS-Excel等で編集して作成したCSVファイルをテーブルとして表示します。
各列のタイトルをクリックするとデフォルト→昇順→降順→デフォルト→昇順→降順→・・・のようにその列の内容にしたがってテーブル全体をソートして表示します。
指定したカラム全てが数字の場合は数量に応じてソートします。数字以外が混ざっているとアルファベット順になります。
デフォルトは元のcsvファイルで記述されている順です。
データをCSVで管理してサイトに公開したいときに便利です。
csv2html2.cgi内の「$csvfile = "csvfile.csv";」にテーブル表示させたいCSVファイルを指定してください。

SSIでHTMLにテーブル表示させるcsv2html2もあります。
ファイルアップロード形式のcsv2htmlもあります。

サンプル
csv2html3.cgi

サポート掲示板へ